バンドがしたい!各楽器パートの役割と魅力について
2016年4月23日 admin

バンドの花形!ギターの魅力

バンドを組む際にボーカルと同等に人気となっているのがギターですよね。バンドで使用する楽器の中では最も人気が高くなっています。ギターでは、ギターリフやソロといった派手なパフォーマンスや見せ場が多いといった特徴があります。演奏するジャンルを問わず、前に出る機会が多いので目立ちたいといった方に向いている楽器です。しかし、どうしても目立ってしまう事から演奏でミスをしないようにしっかりと練習をする必要がある楽器でもあるんですよ。

実はバンドの中心?ベースの魅力

ボーカルやギターが目立つ事から地味な印象を持っている方が多いベースですが、バンドをする中でベースは欠かす事の出来ない楽器なんですよ。ドラムが作るリズムに合わせて確かな演奏技術が必要になるといった特徴があり、音楽好きや楽器好きな方はバンドのベースに注目をする事も珍しくありません。目立つ事なくさり気なくバンドを支えていきたい方に向いています。また、ベースは、ファンクやフュージョンといったジャンルではギターよりも目立つ事があるので演奏するジャンルによってはベースも花形の楽器と言えます。

バンドの土台!ドラムの魅力

楽曲を演奏する際には、リズムに合わせる事が必要不可欠です。ベースと同じくリズム隊とされているドラムの出す安定したリズムはバンドの土台となるんですよ。ステージの1番奥でありながら体の芯まで響くしっかりとしたリズムを奏でる事で観客のテンションを盛り上げる事が出来ます。激しく動く事でアピールしたり、ドラムソロで盛り上がったりとドラムにスポットライトを当てているバンドやミュージシャンも数多くいるんですよ。

ジャズバンドやビックバンドなどでかっこよく演奏しているプレイヤーを見ると憧れますね。サックスはリード楽器の中では最も音を出しやすいと言われとっつきやすい楽器です。

About The Author